読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安堵感スレイブ

幸福感・達成感・満足感だと思っていたものはどれも安堵感だった。

ダメだった。でも、ダメだった。とはいえ、ダメだった。

 

私は、昔病んでいた。

年単位で普通の活動ができない時期があった。

それにはあるコミュニティーが深く関係していた。

 

「原因がそれだった」とは今の私は言えない。

あの頃だって、感傷的に幼い私が「あのコミュニティーのせいで!」と叫ぶことはあったけれど、同時に「ゆうて自分のせいだ」と思う覚めた自分も同居していた。

 

ただ、その病んでた記憶があるコミュニティーに強く紐付いていることだけは確かだ。

今も、そのコミュニティーについて思い出すと、病んでいたあの頃が思い出される。

 

 

それが、その古傷が、私に再び刺激を与えた。

 

そのコミュニティーが多く集まる場に顔を出したからだ。

そして次の日、そのコミュニティーの人たちが私について良くないことを語っていたと知人を経由して耳にした。

 

 

久しぶりに堕ちた。昔の私が顔をもたげた。

 

どちらも覚悟の上のことだった。そのリスクを犯してまでやりたいことがあるから私は行動を起こした。その行動を彼らがよく思わないことまでよく分かっていた。

 

 

でも、たったそれだけのことで私は病み期に突入した。

 

 

 

ダメだった。

聞いた瞬間はそうでもなかったけど、徐々にパニックになった。見ないようにしたかった。でも、思考で感情を押さえつけたくなかった。私は前とは違う。私は変わった。私は変わる。だから、昔と同じことはしたくなかった。その感情から目をそらしたり、その感情に短絡的な理由付けをしてそれを叫んだり。そんなことはしたくなかった。

 

でも、ダメだった。

昔、頼っていた人に電話した。そして「そんなの気にしなくていい」って言葉をもらった。少し落ち着いた。「そのコミュニティーの人たちおかしいよ」って言葉をもらった。同意はできなかったけど、自分なりの見方をしていいんだって思えて少し落ち着いた。

 

とはいえ、ダメだった。

何も手に付かないし、何もしないでいることもできなかった。それでまずは、その時の気持ちをただ書き出した。感情と向き合いたかった。ツイートした。似たツイートを探してふぁぼった。引用リツイートした。私とちょっとズレた解釈をしているいろんなツイートに出会った。すると少し楽になった。

 

そして、寝た。

 

寝て。起きて。でも、何かやる気が起きなくて、意識を手放すってことに救いを見出してまた寝る。でも、起きちゃう。ついったーする。一通り見切ってしまう。感情に向き合うっていうことも疲れた。

 

 

そこで思った。

今、私の思考と感情のバランスが悪いとしても、だからといって思考をいきなり無視しようとするのはまた違うんじゃないか? これまで一応生きてこれたのは思考が回ったおかげ。空回りも多かったけど、いきなり変えるのはそれもそれでゼロイチ思考。慣れ親しんだやり方を、やったっていいじゃん。

 

 

結局、紛らすことにした。

アニメを見た。youtubeで動画をあさった。見ながら眠る。起きたらまた見る。また眠る。楽しさのためにというより紛らすために見た。そしたら鋭かった感情の波がだんだん緩やかになった。ここまでで丸一日くらい。

次の日は余裕が出てきて、『アルジャーノンに花束を』を読んだり、時間ができたら見ようと思っていた劇場版アニメを見た。映画館にも行った。ただ、終始ぼーっとしてはいた。

 

 

こうして私の久しぶりの予定のない2連休は終わった。

入りはここ数年で最悪だったけど、出はそこそこ良かった。