読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安堵感スレイブ

幸福感・達成感・満足感だと思っていたものはどれも安堵感だった。

やはり、環境でなく自分を変える努力を続けたかった。

 

これまで私が積み重ねた「改善」は、考えることと行動を矯正するってことだった。

コミュニケーションに関する本を読んで、自分ができていないなと思うことがあればそれを実生活で実行できるように癖づけする。理解できない・馴染めないと思う人たちの行動を観察してそこのルールを探して、見つけたルールに従った行動をする。そんなふうに対処療法的な変化を重ねた。

 

ただ、それは掛けた労力に対して実入りの大きいものとはいえなくて……付いていけない気持ちは置いてけぼりで、いっぱいいっぱいになって毎日泣き、食べれなくなり、寝れなくなり、集中力は削られ、思考はまとまらなくなった。

 

 

限界だった。

 

 

 

次の週に2日お休みをもらった。なんて対処療法的で根本的な解決策じゃないんだろうって、お休みをもらうことを決めた時は罪悪感に襲われた。お休み開けにまた自分が乱れたらと考えると怖かった。後がないと思って、ほっとしつつも休まらなかった。

 

 

一晩経って、お休みをもらったことでできる余裕で何かしよう! と思った。

 

転職活動? 婚活? とか考えたけど、どれも他者や自分に対する「前向いて歩いてますよアピール」にしか思えなかった。周りは環境を変えなよと言うけど、環境を変えたところで同じことを繰り返す予感しかなかった。今の環境は確かに合わないところがあるけど、合うところだってある。総合点で平均100点の環境でなくても80点くらいの環境。40点から逃げるならまだしも80点から逃げるのは、返って自分の首を絞めるだけのようにも思えた。

 

 

やはり、環境でなく自分を変える努力を続けたかった。

 

しかし八方塞がり。自分でできることはすべてやった気持ちで打ちひしがれていた。

 

 

 

そんな中、何がきっかけになったかは覚えてないけど、ふとカウンセリングに行こうと決めた。

かくなる上は専門家を頼るしかないと思って覚悟を決めた。