読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安堵感スレイブ

幸福感・達成感・満足感だと思っていたものはどれも安堵感だった。

カウンセリングに向かう時、比較的健全な自分をちょっと残念に思った

 

いざ、入室。

ドキドキ……はそんなにしなかった。

オフィスで震えが止まらなくなったり、帰宅中に泣き出したり、家に帰ってからも涙が止まらないのを放置してお風呂に入ったりしていたのに比べれば、いたって健全な私だった。

正直それをちょっと残念に思った。

 

昔から、新しいところに行くとき、私はなぜか比較的健全になる。

それは、この時から遡って5年ほど前に心療内科に行った時もそうだった。

普段はひどいくせに、通院時はいたって健全な人だった。

だからなのか、診断もいたって軽いものだった。

それがちょっとよぎって「せっかく来たのに私の切実さが伝わらなかったらどうしよう」そう思って、カウンセリングに向かう時、比較的健全な自分をちょっと残念に思った。

 

 

で、カウンセリング。

先生の第一印象は、物腰が柔らかそうというくらい。とりわけイケメンだとか不細工だとか、とりわけ人当たりが良さそうだとか話しにくそうだとか、そういうことはなかった。

今思うと、いたって普通ってことがすごかった。

 

 

先生との最初の会話は「緊張してますか?」「んー、そこそこです(ニコニコ)」という会話だったと思う。

私は、練習して獲得した「自然な笑顔」で上手く笑った。デフォルトの表情を笑顔にする技術を私は持っている。

 

 

最初は問診。

カウンセリング前に書いた「問診票」「アダルトチルドレンチェックリスト」「共依存チェックリスト」「機能不全家族チェックリスト」に添って質問された。

 

「『自分に一貫性がなく、自分が何者か分からない』って項目にチェックが入ってるけど、どうしてそう思うの?」

「今、複数のコミュニティーに所属してるんですけど、それぞれでキャラクターが違うんです。そのズレが最近大きくなってきて、辛いと感じるし、伸び伸びとした自分って何か分からないからです」

 

今思うとこれは私にとって辛いことを語っているんだけど、この時は明るめの音色だったと思う。感情とは関係なしに、分析的になるべく主観を排した返答を、感情とは関係なしにいつもの外向きの音色で答えることを、この時の自分は自分に課していた。

 

 

対する先生もあまり感情を挟まなかった。

「そうなんですね」

たしか、これだけだったと思う。少なくとも「辛かったですね」なんて無闇に同調することはなかった。問診の間、先生が発するのは質問か、了解の意のみ。

 

私の抱える問題を知り、その解決策を示すために、必要な情報を集める、職人的な対応だった。それに私は安心した。

この時の私は解決策にしか安堵できないだろうと思っていた。共感なんていらなかった。

だから、先生の職人的態度は頼もしかった。

 

 

自分が異常だってことの衝撃は経験済みで耐性がついていた。

メンタルカウンセリングに行って、はじめに行ったのは、問診票の記入と3つのチェックリストだった。

 

問診票は、今の仕事とか病歴とか簡単な家族構成とか。別に特筆すべきものはない普通の問診票。

問題は、続くチェックリストの方。

 

まず渡されたのは2つのチェックリスト

アダルトチルドレンチェックリスト」と「共依存チェックリスト」

 

アダルトチルドレンチェックリスト」は確か30問くらいで、私はこんな項目にチェックが付いたと思う。

・他人より劣っていると思う

・他人の目を気にする

・自分は人と違うと感じる

・人の意見を聞かないと不安になる

・自分は自分じゃいけないと思う

・大きな声や物音に過敏に反応する

・何が正常で何が異常か分からない

・一貫性がなく、感情の波が激しい

・衝動的に反応する

・生きていることに罪悪感や嫌悪感がある

・ちょっとしたことで落ち込む

・完璧を求めて強迫的になる

・期待されることと本当の自分とのギャップがつらい

・他人を疑い、防衛的になる

・普通の人より劣ってると思う

・いつも何かが足りないと思う

・小さなことで自信を失う

・認められたい気持ちが強い

・追い詰められると攻撃的になる

・いじめられやすい

・表情がなく、感情を出せない

 

 

共依存チェックリスト」は確か20問くらいでこんな項目にチェックが付いた。

・貸しを作るのはいいが、借りを作るのは嫌だ

・自分の問題はたいしたことないと言い聞かせて、なんでもないように振る舞う

・落ち込んでいる人がいると、自分も落ち込む

・自分を犠牲にして、他人のために行動することがある

・罪の意識を感じやすい

・他人の問題も自分のせいだと感じることがある

・自分にとってあまり重要ではないことにも責任感を感じてがむしゃらになる

・見返りを強く求める

・人間関係の問題について、同じ間違えを繰り返す

・他者を自分の思い通りにコントロールしようとすることがある

・好きかどうか分からないけど、相手から離れられずしがみつくことがある

・「こうあるべき」や「こうなるはず」にとらわれている

・断れずに何でも引き受けて、それが恨みに変わったり、それに疲れたりする

・相手の気分を過敏に察して、先々を予測したり、心配したりする

 

 

チェックリストはすべて「少しでも当てはまると思ったらチェックしましょう」だったから、素直に「あ、これ私そのものだ」と強く思ったものから「あ、私かも」とちょっぴり心に触れたものまですべて丸をつけた。

どちらも7割くらいチェックが付いたと思う。

多いなと思いつつも、それが私の「当たり前」だった。

そして、これらがみんなの「当たり前」でないことも知っていたから、こうしてチェックリストの項目ひとつひとつに「お前は普通じゃないんだ、ここが歪んでるんだ」といわれた気持ちだったけど、「だよねー。知ってるー」と受け流せた。

 

 

動揺したのは3つ目のチェックリストだった。

機能不全家族チェックリスト」。他のチェックリストと違って項目の下に具体例が添えられていた。

 

・身体的暴力、性的暴力、精神的暴力があった

お尻を叩かれた、物を投げられた、大切なものを壊された……etc.

 

こんなふうに。このチェックリストのときだけは動揺したので、項目は20くらいあったと思うけど1つ目しかちゃんと覚えていない。なので、以下は項目名なのか具体例なのか……ごちゃまぜだと思う。

 

・親の愚痴をよく聞かされた

・家庭内に怒りの爆発があった

・抱っこしてもらったり触られたりしてない

・兄弟姉妹や他の家庭と比べられた

・両親のケンカの仲裁をした

・欲しいものは何でも買ってくれた

・身の回りのことはすべて親がやってくれた

・お金や地位が重視された

 

自分は普通の人ができることができない。その自覚があって、一時期そんな自分についてネットで調べまくったりしていたから「アダルトチルドレン」や「共依存」のチェックは平気だった。自分が異常だってことの衝撃は経験済みで耐性がついていた。

しかし、「機能不全家族チェックリスト」への耐性はなかった。さっきまで「よゆー。チェックがたくさんつくの、知ってた」と思っていたのが、「やばい。え。これって普通じゃないから聞かれてんだよね。うそ、こういうのって普通の家庭にはないことなの……? 普通の家庭って、そんなに秩序あんの? キラキラしてんの?」と混乱だった。ザワザワした。

 

 

 

 

やはり、環境でなく自分を変える努力を続けたかった。

 

これまで私が積み重ねた「改善」は、考えることと行動を矯正するってことだった。

コミュニケーションに関する本を読んで、自分ができていないなと思うことがあればそれを実生活で実行できるように癖づけする。理解できない・馴染めないと思う人たちの行動を観察してそこのルールを探して、見つけたルールに従った行動をする。そんなふうに対処療法的な変化を重ねた。

 

ただ、それは掛けた労力に対して実入りの大きいものとはいえなくて……付いていけない気持ちは置いてけぼりで、いっぱいいっぱいになって毎日泣き、食べれなくなり、寝れなくなり、集中力は削られ、思考はまとまらなくなった。

 

 

限界だった。

 

 

 

次の週に2日お休みをもらった。なんて対処療法的で根本的な解決策じゃないんだろうって、お休みをもらうことを決めた時は罪悪感に襲われた。お休み開けにまた自分が乱れたらと考えると怖かった。後がないと思って、ほっとしつつも休まらなかった。

 

 

一晩経って、お休みをもらったことでできる余裕で何かしよう! と思った。

 

転職活動? 婚活? とか考えたけど、どれも他者や自分に対する「前向いて歩いてますよアピール」にしか思えなかった。周りは環境を変えなよと言うけど、環境を変えたところで同じことを繰り返す予感しかなかった。今の環境は確かに合わないところがあるけど、合うところだってある。総合点で平均100点の環境でなくても80点くらいの環境。40点から逃げるならまだしも80点から逃げるのは、返って自分の首を絞めるだけのようにも思えた。

 

 

やはり、環境でなく自分を変える努力を続けたかった。

 

しかし八方塞がり。自分でできることはすべてやった気持ちで打ちひしがれていた。

 

 

 

そんな中、何がきっかけになったかは覚えてないけど、ふとカウンセリングに行こうと決めた。

かくなる上は専門家を頼るしかないと思って覚悟を決めた。

 

人生のうちに何度「めんへら抜けた」と思ったか知れません。

 

人生のうちに何度「めんへら抜けた」と思ったか知れません。

 

それほど、自分が普通でないことに悩み、少しでも良い方向に向かえば「病み開けそう!」と喜び、それでもまだ普通の人には遠いことを知っては小さく絶望する。

 

私の人生はこの繰り返しでした。

 

特に大学に上がってからは症状がひどくてそれをなんとかしたくて、自分でいろいろと調べたり対策を立てたり、病院のお世話になったこともありました。

改善は見られたもののその全てが対処療法的な間に合わせだった。

 

 

でも、たぶん、今度こそ「めんへら抜けられそう」。

 

毎回こう言う私ですが、今回こそは「改革」が起きそうなのです。というか、改革が起き始めたのです。

 

 

後から振り替えってまた「やっぱちがった」って思うのかもしれないけど、でも今の私は「めんへら抜けられそう」と確信めいたニュアンスで思っている。そのことだけが大切です。

 

 

そしてそうだとするなら、私がこういう気持ちを文章を書き残したいと思うことは最後かもしれない。

そして、改革後は今のこの気持に疎くなってしまうかもしれない。改革とは私の当たり前が変わるということだから。今の自分、嫌いだけど嫌いきれなくて好きなところもある。それから、私がめんへらを抜けられたとして、その代償にめんへらの気持ちが分からなくなるというのは嫌だ。ある意味めんへらを財産にしたいと思ってる。表現手段としての武器にしたいとすら思ってる。あとは、私の感動を誰かに分かち合いたいと思ってる。

 

そんなさまざまな気持ちから、このブログを立ち上げてみた。

私があけすけに表現しようとする最後の試みになるかもしれない。

よろしければお付き合いください。